女性

肌に若返り効果のある化粧品┃30代から活用しておこう

つるつる素肌を目指す

固形石鹸

なぜ注目されるのか

思春期になると脂性肌になりやすく、にきびに悩まされる人が増えます。最近では、大人のにきびも深刻になっています。ストレス社会のため、ホルモンが乱れる人が多く、そのせいでにきびがいつまでもできてしまうのです。こうした中、注目されるのが洗顔です。にきび専用石鹸を用いて、しっかり洗顔を継続するだけで、長年の悩みが解消するため、口コミで話題になっています。にきび専用石鹸にはいろいろな種類があります。炭素を含む黒い色のものや、泡立ちの良い洗顔フォーム、そのほか重曹を含み毛穴の汚れを吸着するものなどがあります。人によって適した石鹸は異なるため、病院にかかって相談する方法もあります。自分に合った洗顔を継続すれば、肌はきれいになります。

洗顔方法に注意

にきび専用石鹸を用いることが大切ですが、それだけではなく洗顔方法にもこだわることが重要です。にきびができる肌は、敏感な状態にあるのでごしごしこするように洗うのはタブーです。泡立てネットなどを用いて、クッションになるのに十分な泡を作ります。両手いっぱいに泡を作ったら、おでこや鼻など油分の多いゾーンからゆっくり洗い始めます。徐々に油分の少ない頬や目元に移って、最後はたっぷりの水で洗い流します。流したりいないと、それが新たなにきびの原因になることもあるので、最低でも20回以上水ですすぎます。水の温度はぬるま湯程度がちょうどいいです。洗顔している時間は、1分くらいが適度です。このように洗顔方法にも気を付けることがにきびをなくす近道です。